サービス一覧 会社案内 資料請求・お問い合わせ
バックナンバー
バックナンバー

第1回:
今年度の売上・利益目標は、努力目標から必達目標へシフトさせる!

毎年、期首に立てた自社の売上・利益目標の達成率が悪く困っていませんか? 年度の目標値を必達することが、年々難しい時代を迎えています。
そこで新年度から発想を変えて、年度の目標値を今までのような一応の努力目標から、必達目標値と位置付けを変えて挑戦することで、自社の売上・利益を確実に伸ばすポイントを紹介します。
  1. 社内の経営実態を社員に公開し、貴社が勝ち残るために絶対必要な売上と利益目標値を示し、必達目標値であることを納得させてスタートさせる
  2. 必達目標を宣言すると、今までのような言い訳が通用しなくなることに気づき、達成するための具体的な新しい戦略・戦術の議論が全員参加の形で前向きの提案がなされ、必達に向けての新しい方針が固まる
  3. 必達に向けた不退転の挑戦が始まる(P・D・C・M)と、今まで見えていなかった売上や利益を更に上げるための知恵が次々と生まれ、自部門だけの改革にとどまらず、関係部門を巻き込んだ協力体制作りを通して、必達目標値に到達させることが可能になる

社内の相互信頼関係をベースに、ガラス張りの経営を通して全社一丸体制で挑戦すれば、年度目標の必達は夢ではないことを実践のコンサルティング体験から実感しています。

(建設・経営コンサルタント中谷義昭)

※中谷義昭の「建設業勝ち残りワンポイントアドバイス」へのご質問・その他経営相談等は、お気軽にこちらまでどうぞ。

最新版はgooブログで更新中です